沈金  
  •  栗鼠(りす)にどんぐり(沈金) [no.19001]
    価格: 248,400円

    価格: 248,400円
    ベース(下地)の背景は曙塗りの二色の異なった色の塗り合わせです。今回は中屋で人気の菖蒲(暗めの紫)と桔梗(青)をこの曙塗りに施しています。この曙塗りの表面に沈金で一点一点彫りこみ、金紛をひとつずつ埋めてモチーフをかたち作っています。平面と異なり厳しい局面に点を彫りこみ、ひとつでもミスがあると不良になる技術で、高い技術と根気が求められます。モチーフの栗鼠は口に多くの食べ物をほうばることから古来より蓄財の例えとして、また団栗はひとつの枝から多くの実がなることから子孫繁栄のしるしとして縁起の良い組合わせとして考えられてまいりました。しっとりとした上品な出来栄えは時間とともにより美しさを増してきます。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  藤に孔雀(色沈金) [no.19002]
    価格: 421,200円

    価格: 421,200円
    点彫りと線彫りを合わせた沈金です。孔雀の体と羽根はプラチナ、眼状紋と目は淡い金色、岩は金、葉は緑箔粉、藤はピンク箔粉と紫箔粉の色沈金で彩色しています。地面は梨地ぼかし、キャップ、軸とグリップ部分に藤の花を散らしてています。一本の作品に多くの色を使用していますが、それぞれが彫りの中で調和しています。コンバーターは藤に合うもの、箱は内側を拭き漆で仕上げ、外側は黒蝋色地に藤の花と幹をモチーフにこちらも沈金で金箔仕上げとしています。(箱は別売り) 蒔絵コンバーターは別料金です。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  蜻蛉(色沈金) [no.19003]
    価格: 432,000円

    価格: 432,000円
    ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズで最大径が2mm太い仕様のものです。オリーブグリーンの溜塗りベースに線彫りと点彫りの沈金を施しています。蜻蛉のみ色沈金、グリップ部分は軸の後端部分と同様に沈金でコスモスを著しています。キャップを外した時に一匹の蜻蛉が分かれない様にとのリクエストにお答えして、キャップと軸にそれぞれ蜻蛉を分けて描いています。
    注文するカートに入れる

  •  山葡萄に栗鼠(りす)Ⅰ(沈金) [no.19004]
    価格: 280,800円

    価格: 280,800円
    同じコーナーの『栗鼠にどんぐり』と同じ技法です。写真スタジオでの撮影の為、はっきりとお伝えすることが出来ましたベース(下地)の背景は曙塗りの二色の異なった色の塗り合わせです。今回は中屋で人気の菖蒲(暗めの紫)と桔梗(青)をこの曙塗りに施しています。この曙塗りの表面に沈金で一点一点彫りこみ、金紛をひとつずつ埋めてモチーフをかたち作っています。平面と異なり厳しい局面に点を彫りこみ、ひとつでもミスがあると不良になる技術で、高い技術と根気が求められます。モチーフの栗鼠は口に多くの食べ物をほうばることから古来より蓄財の例えとして、また葡萄(ぶどう)は武士道と発音が似ていることから縁起の良い組合わせとして侍の印籠のモチーフなどに好んで描かれて参りました。しっとりとした上品な出来栄えは時間とともにより美しさを増してきます。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  竹虎図Ⅱ(色沈金) [no.19005]
    価格: 918,000円

    価格: 918,000円
    漆塗りの表面に彫りを入れて、そこに金などの色を埋め込み彩色していく技法が沈金です。今回の作品の彫りは一般的な点彫りや線彫りに加えて、こすり技法(ノミをこするようにして塗面を削る方法)や、虎の毛の部分などにはその名のとおり毛彫り(動物の毛の様に細くゆらぎのある線を彫る技法)などを合わせて施しています。全体に毛彫り、目は中央を丸く彫ってから金箔を入れ、その周りを点彫りしています。髭は線彫り、牙と舌は点彫り、竹は片ノミ彫り(平ノミの片方だけを使って彫る技法で力強い彫りになります)、地面はこすり技法と点彫りの組み合わせです。緻密さや技法の組合わせをみても現在作られる沈金の作品の中ではトップクラスに入る作品です。刀(とう)で彫って金を埋める部分の細かさと、ノミの様な平刀で擦って暈す背景や地面など見所満載です。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズ(太軸)です。
    注文するカートに入れる

  •  龍(色沈金) [no.19006]
    価格: 918,000円

    価格: 918,000円
    漆塗りの表面に彫りを入れて、そこに金などの色を埋め込み彩色していく技法が沈金です。今回の作品の彫りは一般的な点彫りや線彫りに加えて、こすり技法(ノミをこするようにして塗面を削る方法)や、毛彫り(動物の毛の様に細くゆらぎのある線を彫る技法)などを合わせて施しています。全体に線彫りと点彫り、宝珠も点彫りと線彫りを合わせ、火焔は点彫りとこすり技法、背景はこすり技法です。緻密さや技法の組合わせをみても現在作られる沈金の作品の中ではトップクラスに入る作品です。刀(とう)で彫って金を埋める部分の細かさと、ノミの様な平刀で擦って暈す背景や地面など見所満載です。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズ(太軸)です。
    注文するカートに入れる

  •  三匹の猫(沈金) [no.19007]
    価格: 248,400円

    価格: 248,400円
    小さい軸で筆記されたいお客様のご要望で、猫を沈金で表現しました。ベースは黒の蝋色塗りです。曲面が強いとても小さい軸に3匹もの猫を沈金で彫上げていくのは大変な作業ですが、3ヶ月かかりようやく完成、とても可愛らしく仕上がりました。ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  猫に毛鞠(色沈金) [no.19008]
    価格: 388,800円

    価格: 388,800円
    お客様が大切にされている猫を沈金にとのご要望でデザインとレイアウトをさせて頂きました。面積が小さく、またカーブがきつい万年筆に沈金を施す事は、とても高度な技術が必要です。メインとなる猫は金の粉で、キャップの鞠は色沈金を中屋としては初めて採用、グリップ部分の猫の足跡は箔を埋込み、粉(金粉)とは異なった光沢を出しています。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  コッカースパニエルドッグ(沈金) [no.19009]
    価格: 270,000円

    価格: 270,000円
    スペインの犬を祖先としたスパニエル種の中でも小型でコッカー(山鴨)の猟を得意にしていた犬種です。1955年公開のディズニー映画『わんわん物語』のヒロインとして高い人気があります。ペットとしてご一緒の方は皆さん異口同音に『とにかく明るい』、『ポジティブ』といううらやましい性格でもいつも励まされるとの感想をお持ちです。今回はアメリカのお客様から愛犬を沈金でとのご依頼で完成したものです。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  アロワナ-龍魚-(沈金) [no.19010]
    価格: 270,000円

    価格: 270,000円
    アロワナ(アジアアロワナ)は『龍魚』と呼ばれ、東南アジアの各地域で生息しています。今回アメリカのお客様から熱帯魚を沈金でというご要望を頂き、エンゼルフィッシュやグッピーなどの典型的なものもご提案しましたが、インパクトのあるアロワナをモチーフとすることに決定しました。全長1メートルにもなるものもいる大型の肉食魚ですが、正確はおとなしく、100年も生きたとの記録もあり、その美しさや長寿の縁起もあり、一匹50万円から100万円で取引されています。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  山葡萄に栗鼠(りす)Ⅱ(沈金) [no.19011]
    価格: 280,800円

    価格: 280,800円
    「葡萄」は、武道に通じ、口にほうばる「りす」は蓄えに通じますので、とても縁起のよい絵柄です。「葡萄」は緑金、「りす」は金の粉を用い、沈金によって表現されています。面積が小さく、またカーブがきつい万年筆に沈金を施す事は、とても高度な技術が必要です。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  金魚Ⅳ(色沈金) [no.19012]
    価格: 496,800円

    価格: 496,800円
    沈金に色々な色の金を用いて人気の金魚をデザインしたものをオーダー頂きました。黒蝋色塗りの表面に沈金で一点一点彫りこみ、金紛をひとつずつ埋めてモチーフをかたち作っています。平面と異なりきつい曲面に点を彫りこみ、ひとつでもミスがあると不良になる技法で、高い技術と根気が求められます。金魚をモチーフとした作品は他にも多数ありますので御覧になって下さい。ベースモデルはシガーモデル・ポータブルサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  雪花紋(沈プラチナ) [no.19013]
    価格: 194,400円

    価格: 194,400円
    シガーモデルのピッコロサイズ、桔梗色をベースに沈プラチナ(彫りの後プラチナの埋込み)で雪花紋(雪の結晶)を表しています。直線部分はより綺麗に彫る為に、今回線彫りではなく手間の掛かる点彫りにしています。銘も同じ技法で入れています。
    注文するカートに入れる

  •  唐草(沈プラチナ・1) [no.19014]
    価格: 108,000円

    価格: 108,000円
    定番のブライヤーモデル(光沢仕上げ)をベースに人気の沈プラチナの線画を施してみたモデルです。線画のモチーフは、宝相華でも良いのですが、キャップのリングなど銀の面積が多いため、あえて宝相華の華の部分を描かずに、唐草のみにして線の部分を多くしてバランスをとっています。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの技術はとても高い技能が要求されます。
    注文するカートに入れる

  •  唐草(沈金・1) [no.19015]
    価格: 97,200円

    価格: 97,200円
    定番のブライヤーモデル(光沢仕上げ)をベースに人気の沈金の線画を施してみたモデルです。線画のモチーフは、宝相華でも良いのですが、キャップのリングなど銀の面積が多いため、あえて宝相華の華の部分を描かずに、唐草のみにして線の部分を多くしてバランスをとっています。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの技術はとても高い技能が要求されます。
    注文するカートに入れる

  •  唐草(沈プラチナ・2) [no.19016]
    価格: 108,000円

    価格: 108,000円
    定番のブライヤーモデル(光沢仕上げ)をベースに人気の沈プラチナの線画を施してみたモデルです。線画のモチーフは、宝相華でも良いのですが、キャップのリングなど銀の面積が多いため、あえて宝相華の華の部分を描かずに、唐草のみにして線の部分を多くしてバランスをとっています。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの技術はとても高い技能が要求されます。
    注文するカートに入れる

  •  唐草(沈金・2) [no.19017]
    価格: 97,200円

    価格: 97,200円
    定番のブライヤーモデル(光沢仕上げ)をベースに人気の沈金の線画を施してみたモデルです。線画のモチーフは、宝相華でも良いのですが、キャップのリングなど銀の面積が多いため、あえて宝相華の華の部分を描かずに、唐草のみにして線の部分を多くしてバランスをとっています。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの技術はとても高い技能が要求されます。
    注文するカートに入れる

  •  虎図(色沈金) [no.19018]
    価格: 626,400円

    価格: 626,400円
    漆塗りの表面に彫りを入れて、そこに金などの色を埋め込み彩色していく技法が沈金です。今回の作品は『竹虎図Ⅱ』から背景等を省き、虎のみを際立たせました。虎の毛の部分などにはその名のとおり毛彫り(動物の毛の様に細くゆらぎのある線を彫る技法)を施しています。全体に毛彫り、目は中央を丸く彫ってから金箔を入れ、その周りを点彫りしています。髭は線彫り、牙と舌は点彫りです。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  忍(沈金/沈黒) [no.19019]
    価格: 291,600円

    価格: 291,600円
    「忍(しのぶ)」は、しだ植物の一種で古くから観葉植物として人々に親しまれてきたなじみの深い植物です。年中みずみずしい緑の小ぶりな葉が美しく、夏には水を打った吊忍が涼味を誘います。名前の由来は、乾燥に耐え忍ぶことによるものと言われています。「忍」というゆかしい名前からも、その葉の整然とした幾何学模様のような美しさからも、古くから好まれ用いられてきた文様です。ベースはシガーモデル・ロングサイズ。金地と黒地の曙を縦に塗分けた斬新なベースに金地には沈黒の忍を、逆に黒地には沈金の忍を彫りのあとにも沈を分けた独創的な意匠となっています。もちろんこの様に分けず、前面金地(黒地)に忍もすべて沈黒(沈金)とすることも可能です。忍を名刺入れにした作品はこちらです。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  忍(沈黒・1) [no.19020]
    価格: 183,600円

    価格: 183,600円
    ベースモデルはシガーモデルのポータブルサイズ。黒地にモチーフの忍を彫ったのち、炭粉を沈めています。敢えてご説明が必要ない出来栄えと思います。尚、画像のようにペン先をルテニウム色にした場合は、5,400円加算されます。「忍」のご説明につきましては『忍(沈金/沈黒)』のページをご覧下さいませ。
    注文するカートに入れる

  •  忍(沈プラチナ・1) [no.19021]
    価格: 345,600円

    価格: 345,600円
    忍をモチーフにし、線彫りの後にプラチナを沈めた沈プラチナの仕様です。ベースモデルはシガーのロングサイズ、金地に沈プラチナの最高級の仕様ですがとても上品な仕上がりになりました。
    注文するカートに入れる

  •  忍(沈黒・2) [no.19022]
    価格: 183,600円

    価格: 183,600円
    ベースモデルはシガーモデルのロングサイズ。朱地にモチーフの忍を彫ったのち、炭粉を沈めています。敢えてご説明が必要ない出来栄えと思います。「忍」のご説明につきましては『忍(沈金/沈黒)』のページをご覧下さいませ。
    注文するカートに入れる

  •  忍(色沈金・青) [no.19023]
    価格: 194,400円

    価格: 194,400円
    ベースモデルはシガーのポータブルサイズ。黒地にモチーフの忍を彫ったのち、青の色粉を沈めています。敢えてご説明が必要ない出来栄えと思います。尚、画像のようにペン先をロジウム色にした場合は、5,400円加算されます。「忍」のご説明につきましては『忍(沈金/沈黒)』のページをご覧下さいませ。
    注文するカートに入れる

  •  忍(沈プラチナ・2) [no.19024]
    価格: 194,400円

    価格: 194,400円
    今までの作で宝相華というのが人気ですが、そのモチーフが宝相華からしのぶ(という植物)になりました。「忍」のご説明につきましては『忍(沈金/沈黒)』のページをご覧下さいませ。画像のようにクリップとペン先がロジウム色にした場合は、6,480円加算されます。ベースモデルはライターモデル・ポータブルサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  宝相華(沈黒・1) [no.19025]
    価格: 129,600円

    価格: 129,600円
    朱塗りに輪島特有の技法である沈金の技で宝相華を彫り、金の代わりに炭粉を入れ固着させた技法です。一般の沈金ではなく、中屋では沈黒と呼びます。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの沈黒はとても高い技能が要求されます。今回の品はベースが朱で線が黒(炭)の組み合わせですが、ベースの色、線の色、また他のモチーフとの組合わせにより多くのバリエーションが考えられると思います。ボディからグリップの部分まで全面に沈黒が施されたこの商品は、価格の点でも中屋の推奨商品です。【モチーフの説明 宝相華(ほうそうげ)】極楽浄土に咲いているといわれる空想上の花です。 パルメットと並び中国唐代、日本では天平時代の代表的な唐草模様の一種として華麗な花模様の代名詞とされています。奈良 正倉院収蔵の弦楽器にもこの宝相華が吉祥模様として描かれています。ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  宝相華(沈プラチナ・1) [no.19026]
    価格: 140,400円

    価格: 140,400円
    緑地に輪島特有の技法である沈金の技で宝相華を彫り、金の代わりにプラチナ粉を入れ固着させた技法です。一般の沈金ではなく、中屋では沈プラチナと呼びます。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの沈黒はとても高い技能が要求されます。今回の品はベースが緑で線が銀(プラチナ)の組み合わせですが、ベースの色、線の色、また他のモチーフとの組合わせにより多くのバリエーションが考えられると思います。ボディからグリップの部分まで全面に沈プラチナが施されたこの商品は、価格の点でも中屋の推奨商品です。【モチーフの説明 宝相華(ほうそうげ)】極楽浄土に咲いているといわれる空想上の花です。 パルメットと並び中国唐代、日本では天平時代の代表的な唐草模様の一種として華麗な花模様の代名詞とされています。奈良 正倉院収蔵の弦楽器にもこの宝相華が吉祥模様として描かれています。ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  宝相華(沈黒・2) [no.19027]
    価格: 129,600円

    価格: 129,600円
    白地に輪島特有の技法である沈金の技で宝相華を彫り、金の代わりに炭粉を入れ固着させた技法です。一般の沈金ではなく、中屋では沈黒と呼びます。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの沈黒はとても高い技能が要求されます。今回の品はベースが白で線が黒(炭)の組み合わせですが、ベースの色、線の色、また他のモチーフとの組合わせにより多くのバリエーションが考えられると思います。ボディからグリップの部分まで全面に沈黒が施されたこの商品は、価格の点でも中屋の推奨商品です。【モチーフの説明 宝相華(ほうそうげ)】極楽浄土に咲いているといわれる空想上の花です。 パルメットと並び中国唐代、日本では天平時代の代表的な唐草模様の一種として華麗な花模様の代名詞とされています。奈良 正倉院収蔵の弦楽器にもこの宝相華が吉祥模様として描かれています。ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  宝相華(沈黒・3) [no.19028]
    価格: 129,600円

    価格: 129,600円
    黒溜地に輪島特有の技法である沈金の技で宝相華を彫り、金の代わりに炭粉を入れ固着させた技法です。一般の沈金ではなく、中屋では沈黒と呼びます。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの沈黒はとても高い技能が要求されます。今回の品はベースが黒溜で線が黒(炭)の組み合わせですが、ベースの色、線の色、また他のモチーフとの組合わせにより多くのバリエーションが考えられると思います。ボディからグリップの部分まで全面に沈黒が施されたこの商品は、価格の点でも中屋の推奨商品です。【モチーフの説明 宝相華(ほうそうげ)】極楽浄土に咲いているといわれる空想上の花です。 パルメットと並び中国唐代、日本では天平時代の代表的な唐草模様の一種として華麗な花模様の代名詞とされています。奈良 正倉院収蔵の弦楽器にもこの宝相華が吉祥模様として描かれています。ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  宝相華(沈プラチナ・2) [no.19029]
    価格: 140,400円

    価格: 140,400円
    桔梗(青)地に輪島特有の技法である沈金の技で宝相華を彫り、金の代わりにプラチナ粉を入れ固着させた技法です。一般の沈金ではなく、中屋では沈プラチナと呼びます。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの沈黒はとても高い技能が要求されます。今回の品はベースが青で線が銀(プラチナ)の組み合わせですが、ベースの色、線の色、また他のモチーフとの組合わせにより多くのバリエーションが考えられると思います。ボディからグリップの部分まで全面に沈プラチナが施されたこの商品は、価格の点でも中屋の推奨商品です。【モチーフの説明 宝相華(ほうそうげ)】極楽浄土に咲いているといわれる空想上の花です。 パルメットと並び中国唐代、日本では天平時代の代表的な唐草模様の一種として華麗な花模様の代名詞とされています。奈良 正倉院収蔵の弦楽器にもこの宝相華が吉祥模様として描かれています。ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  宝相華(沈金・1) [no.19030]
    価格: 151,200円

    価格: 151,200円
    黒蝋色地に輪島特有の技法である沈金の技で宝相華を彫り込みました。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの沈黒はとても高い技能が要求されます。今回の品は黒地に金の典型的な『沈金』ですが、ベースの色、線の色、また他のモチーフとの組合わせにより多くのバリエーションが考えられると思います。ボディからグリップの部分まで全面に沈金が施されたこの商品は、価格の点でも中屋の推奨商品です。【モチーフの説明 宝相華(ほうそうげ)】極楽浄土に咲いているといわれる空想上の花です。 パルメットと並び中国唐代、日本では天平時代の代表的な唐草模様の一種として華麗な花模様の代名詞とされています。奈良 正倉院収蔵の弦楽器にもこの宝相華が吉祥模様として描かれています。ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  桐に鳳凰(沈金) [no.19032]
    価格: 259,200円

    価格: 259,200円
    黒蝋色に沈金で桐と鳳凰を描きました。点彫りと線彫りで仕上げています。曲面の集合体であるペン軸にはやり直しのきかない沈金はとても難しい技法です。ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  宝相華(沈金・3) [no.19033]
    価格: 108,000円

    価格: 108,000円
    朱地に沈金の宝相華ですが、今回はペンの全面ではなく中央部分のみにとのご要望でお作り致しました。部分的に入れることによって、落ち着いた雰囲気に仕上がりました。ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  パルメット(色沈金・1) [no.19036]
    価格: 162,000円

    価格: 162,000円
    好評頂いております沈金シリーズのです。今回は線彫りと点彫りをこの小さなピッコロサイズにした後に、彩色の沈金を施しています。点彫りの色沈金は既にご紹介致しましたが、線彫りの色沈金は今回が初お目見えです。
    注文するカートに入れる

  •  パルメット(色沈金・2) [no.19037]
    価格: 162,000円

    価格: 162,000円
    前作桔梗地に色沈金の二作目、ベースが朱地です。ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
    注文するカートに入れる

  •  宝相華(沈プラチナ・3) [no.19038]
    価格: 222,480円

    価格: 222,480円
    好評の『沈金・宝相華』を桔梗地沈プラチナにてデスクペンセットでオーダー頂いた品です。部分的に絵柄を入れ、落ち着きのある感じに仕上げました。価格はペン本体が129,600円、台座(デスクペンスタンド)が92,880円です。
    注文するカートに入れる

  •  群魚図 [no.19039]
    価格: 1,188,000円

    価格: 1,188,000円
    一見蒔絵で描かれた様にも見えますが、細密描写の沈金です。 沈金技法の極限に近いのではないかと思います。 モチーフは近世日本画家である伊藤若冲の「群魚図」(動植綵絵:1765~1766年)の2幅から特徴のあるものを選びました。 様々な魚を各々違えて美しく表現するところに並々ならぬ工夫があります。 作者は「竹虎図Ⅱ」「龍」の沈金師でもあり、前2作を超える作品となりました。 ベースモデルは「鳳凰」(銀平文)と同じ両端がフラットな特殊軸を使っています。 (キャップ最大径17mm)
    注文するカートに入れる

  •  龍Ⅱ(色沈金) [no.19040]
    価格: 1,026,000円

    価格: 1,026,000円
    細密沈金による龍の第2弾が届きました。
    銀の波を蹴立てて天に昇る龍が豪快かつ繊細に描かれています。

    使われている技法は前作(龍)や竹虎図Ⅱとほぼ同じですが、龍の躰の上に平刀によるこすり技法を入れることで、奥行き感を増すことに成功しました。
    (技法の詳細についてはこちらをご覧下さい)

    瞳には金の鋲を用いて立体的に表現しています。

    ベースモデルはシガーモデル・ロングサイズ(太軸)です。
    注文するカートに入れる

  •  パルメット(色沈金・3) [no.19041]
    価格: 162,000円

    価格: 162,000円
    前作の朱地前々作の桔梗地に続き三作目の色沈金です。
    今回は黒地のベースで仕上げてみました。地と柄の色の対比が大きく、より鮮やかさが感じられます。

    ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
    注文するカートに入れる

ページのトップへ戻る
Copyright © 2017 NAKAYA FOUNTAIN PEN Co., Ltd. All Rights reserved.