セルロイド

セルロイドは、硝酸繊維素(セルロースに硫酸と硝酸を加えて出来たもの)に樟脳とアルコールを混ぜて作った燃えやすい半透明のプラスチックで、着色すると色が鮮やかになります。摂氏90℃で柔軟になり、冷却すると硬化する性質を持っています。 成型・切削が容易、色彩・柄が豊富だったことから、昔は殆どがセルロイドでした。しかし、6カ月以上乾燥しないと、軸の変形・ねじれ等が生じるため難しい素材です。現在は、アンティークなイメージがうけ、再び人気を集めています。

1.  セルロイドの万年筆用の軸の制作工程をご紹介します。
  • 材料(1400mm×630mm×2mm)を搬入。
  • 1回目切断。長手方向を2/1に切断する。長期保管をしていたものは、材料の変形が出るので注意。作業時間 1枚20秒程度
  • 2回目切断。各四面が直角になるように、材料を整える。作業時間 1枚40秒程度
  • 切断。所定寸法別に角度をつけて切断。1枚を17分割。作業時間 1枚10分
  • 穴あけ。湯通し工程のために、フック掛け用の穴をあける。作業時間 34枚2分程度。
  • 4回目切断。 湯通し案内面を切断。作業時間 34枚2分程度。
  • 湯通し。所定寸法別に段取り後、丸めてパイプ状にする。作業時間 34本90分程度。
  • 削除。湯通し用に穴あけした部分をカットする。作業時間 34本2分程度。
  • 孔あけ。接着後の乾燥工程のためにフック掛け用の穴をあける。作業時間 34本2分程度。
  • 接着。丸めパイプ一面部分を所定寸法に選定後、アミ-ル液にて接着。作業時間34本34分。
  • 乾燥。所定のフックを利用して接着パイプを吊して乾燥させる。作業時間34本34分。乾燥時間は約2週間必要。
  • 5回目切断。乾燥用に穴あけした部分を切断した後、パイプ材を所定寸法の長さにカットする。作業時間34本1分30秒。
  • 面取り。先端一部分、R取り。作業時間238本4分。
  • 絞り付け。湯槽で型に入れ、プレス後に冷却する。作業時間238本714分。
  • 放置。 約半年ねかせ、完全に収縮させ、次工程へ。
Copyright © 2017 NAKAYA FOUNTAIN PEN Co., Ltd. All Rights reserved.