Nakayaのボールペン

◆海外の親密なお客様が、そのご友人や知人の方々に中屋の万年筆をお勧め頂く機会が多くあります。
とても有難いことですが、『万年筆は余り使う機会がない、ローラボールだったら良いのに』というお言葉が散見されるというご連絡を良く頂きます。
海外でローラボールというのは、水性ボールペンのことを指します。水性ボールペンは日本の筆記具メーカーが発明し日本でも一世を風靡しましたが、製造コストが割高なこと、またその後発売されたゲルインクボールペンに取って代わられたことから日本ではお客様の指示が低くなりましたが、海外ではその滑らかな書き味により、高級品にはステイタスの高いものとして位置づけられています。
もちろん油性のボールペンもそのレフィールを装着することで可能です。
尚、海外ではゲルインクと水性インクはローラボール(Roller Ball)やゲル(gel) の総称として分け隔てなく用いられているのが日常ですが、この日本語のホームページでは、ゲルインク(ゲルも水性ですが)、水性インクと分けて表現を致します。同じ軸を使用して(グリップは別パーツ)、同じデザインでボールペンをご紹介することが出来る様になりました。

◆基本的なご説明事項
※使用するレフィール(ボールペンの芯)は世界標準規格サイズのいわゆるパーカーサイズです。
中屋にて使用するレフィールはこちらをご覧くださいませ。
※バランスコントロール・ピッコロサイズ、セルロイド、ブライヤーモデルについてはサイズが合いませんので使用できません。 ご注意下さい。
また、下記の画像の様にロングサイズにはロングサイズのメカ、ポータブルサイズにはポーダブルサイズのメカがそれぞれございます。
ロングサイズのメカにポータブルサイズの部材や、反対にポータブルサイズにロングサイズの部材は合いません。
合わせてご了解下さいませ。 
※価格
価格は同型の万年筆で計算したトータル金額から 5,400円マイナスした金額に上記レフィールの価格となります。

  (例) 同型の万年筆の価格が 59,400円 の場合      5,400円マイナスして 54,000円+レフィール価格 となります。

※重量
重量は、約12~14グラム万年筆よりも重くなっています。ご参考にどうぞ。

◆下記の画像は今回新たにボールペン用として撮影した物ですが、現行の万年筆と外寸は全く同じです。
上の画像は、ライターロングサイズモデル、赤溜め(金メッキクリップ)、下はシガー(葉巻)ポータブルサイズモデル、黒蝋色です。
ご存知の様にエボナイトは比重が軽く、重心も大きく取れるため疲れづらくラクに握れるため女性の方にも多くご愛用されています。

キャップを外してボールペンの先端が見える画像です。
この先端部分(テーパー部分)には、金メッキクロームメッキ(下)の2色をご用意させて頂きました。

軸を外しますと普通はレフィールが露出しますが、中屋の場合特製のレフィールケースがあり、ネジ式により着脱することでレフィールの取替え等を致します。下の画像の上がロングサイズ、下がポータブルサイズ用となります。金メッキとクロームメッキはロング・ポータブルの両方のサイズにございます。(レフィールケースはクロームメッキのみとなります。)
また、軸の色は下記の色をはじめとして特注品やデスクペン等基本的に殆どのデザインに適用可能ですので、ご連絡下さいませ。
その他、お名入れや桐箱等の副資材添付等も万年筆と同様です。

※他の商品同様に特色にての製作も可能です。オリジナルの1本となります。
※グリップ部分に象嵌もセットできます。

◆ご使用になれるボールペン芯(レフィール)は下記となります。

油性ボールペン(下の画像)をご用意いたしました。
1本 432円   ボール径 0.8mm インクカラーはブラック プラチナ万年筆㈱製です。(品番 BSP-400)

国際規格サイズで世界中でパーカーサイズレフィールといわれ、購入が容易なものです。
(本体ご購入時以外のレフィール単独のご購入はご容赦下さい。)

Copyright © 2017 NAKAYA FOUNTAIN PEN Co., Ltd. All Rights reserved.