琉球紅型

お客様のご依頼で、琉球紅型とのコラボレーションができました。紅型とは琉球王府、首里、浦添を中心に、婦人の礼装として、又神事に関する古式の服装として摺込みの手法で染められたのが、琉球染料技術の起源だといわれています。 その後、14~15世紀の頃、中国、東南アジア全域との海外交易により中国の紅型の技法、印度、ジャワ等の染料技術が導入され、また京都の友禅の影響を多く吸収するなど、あらゆる東洋文化とわりながら沖縄独自の気候風土の中で自然に育くまれ、独自の技法を持つ琉球紅型が完成していきました。以来、琉球王府の保護の下に南島特有の神秘的な美しい染物、東洋花布として、中国福建市場への貴重な交易品になり珍重されていました。 一つの図柄に多くのモチーフを描き、そこに数多くの顔料を用いた多彩な色使いに加えて、『隈取り』といわれる独特なぼかし染めの技法は作品に立体感を持たせています。


中屋の万年筆
Copyright © 2017 NAKAYA FOUNTAIN PEN Co., Ltd. All Rights reserved.