中屋萬年筆 職人紹介

渡辺貞夫〔 ペン先職人 〕

watanabe 昭和15年 東京生まれ 座右の銘:
【努力・忍耐・誠意】
昭和30年 プラチナ萬年筆入社製造1課ペン先係配属
昭和49年 台湾工場開設指導の為、短期赴任
平成5年 プラチナ上海工場設立ペン先製造指導の為出向
平成8年 同社退職
平成19年9月 没 中屋の第一世代として沢山のファンと大きな貢献をして頂きました。(合掌)

吉田紳一〔 ペンデザイナー 〕

yoshida 昭和39年 広島県生まれ 座右の銘:
【誠実本位】
平成2年 プラチナ万年筆㈱入社 商品企画室配属筆記具デザインに携わる
平成9年 ~14年 理美容器具製造会社 開発部 ・喫煙具外装加工会社企画部に在籍
平成15年 中田氏より声を掛けられ、(有)中屋万年筆に入社
   

丸山和雄〔 プレス職人 〕

maruyama 昭和15年 東京生まれ 金属の絞り技術を主にペン先に活用すべく手作り万年筆『中屋』に参画。

座右の銘:
【人生楽しく】
昭和31年 プラチナ萬年筆(当時のプラチナ産業)入社金属課配属。金属キャップ・胴・金輪等を担当
昭和47年 軸のプレス及びペン先絞り・寄せの技術指導のメキシコへ短期赴任
昭和49年 プラチナ萬年筆台湾工場設立の為一時出向
平成3年 工場部門から、修理部門へ転属、渡辺らと共に手作り万年筆の製作に携わる。
平成9年 同社退職

松原功祐〔 轆轤(ろくろ)職人 〕

matsubara 昭和8年 東京生まれ 現在も、セルロイド・エボナイトはもちろんのこと、スネークウッド等の樹木のろくろ製作を行っている。

座右の銘:
【千里の道も一歩から】
昭和24年 東京千住 倉持製作所(ろくろ製作会社)に弟子入り
昭和26年 高級万年筆のろくろ技術修得の為小沢製作所に転社
昭和28年 プラチナ萬年筆入社。本社工場、軸部配属。エボナイト中心に多くのアイテムのろくろ製作に携わる
昭和40年 プラスチック登場で射出成型が主流になり技術部転属。新商品の企画・立案に携わる
昭和46年 創業70周年記念万年筆の製作に携わる
昭和47年 昭和天皇ご成婚50周年記念万年筆の製作スタッフとして参画
平成3年 同社退職

原 伸二〔 宝飾職人 〕

hara 昭和30年 東京生まれ 座右の銘:
【笑う門には福来る】 【明鏡止水の精神で美しい宝石を作りたい】

昭和48年 宝飾卸商勤務の姉の紹介で、宝石工房に弟子入り
昭和53年 独立。以後、宝飾職人として、様々な高級ブランドの宝飾を製作
   
   
Copyright © 2017 NAKAYA FOUNTAIN PEN Co., Ltd. All Rights reserved.