沈金 ・  宝相華(沈プラチナ・2) [no.19029]

仕様
商品名:  宝相華(沈プラチナ・2) [no.19029]
価格: 140,400円
軸の材料: エボナイト
説明: 桔梗(青)地に輪島特有の技法である沈金の技で宝相華を彫り、金の代わりにプラチナ粉を入れ固着させた技法です。一般の沈金ではなく、中屋では沈プラチナと呼びます。曲面の集合体であるペン軸には点彫りの沈金も難しい技法ですが、失敗が許されない線彫りのこの沈黒はとても高い技能が要求されます。今回の品はベースが青で線が銀(プラチナ)の組み合わせですが、ベースの色、線の色、また他のモチーフとの組合わせにより多くのバリエーションが考えられると思います。ボディからグリップの部分まで全面に沈プラチナが施されたこの商品は、価格の点でも中屋の推奨商品です。【モチーフの説明 宝相華(ほうそうげ)】極楽浄土に咲いているといわれる空想上の花です。 パルメットと並び中国唐代、日本では天平時代の代表的な唐草模様の一種として華麗な花模様の代名詞とされています。奈良 正倉院収蔵の弦楽器にもこの宝相華が吉祥模様として描かれています。ベースモデルはシガーモデル・ピッコロサイズです。
写真
Copyright © 2017 NAKAYA FOUNTAIN PEN Co., Ltd. All Rights reserved.